Guitar Beginner Antenna 〜ギター初心者アンテナ〜 [G'ANEB]

ギター初心者〜中級者に向けて、ギターの種類の紹介やトレーニング方法、エフェクターやアンプの紹介など、色々な情報を発信していきます。

*

ギターの音程の合わせ方 〜チューニングの方法〜

   

スポンサードリンク

ギターの音程の合わせ方 〜チューニングの方法〜

ギターを弾く前に必ずしなければならないことがチューニングです。

チューニングを行わないとギターを聞いている方は耳障りになります。また、上達がしないばかりか、音痴になってしまいます。

ギターは6本の弦から成りたっていますが、ギターをチューニングするということは、この6本の弦を1本ずつ正しい音程へ合わせていく作業のことです。

ペグを締めると弦の張りが強くなり、音が高くなります。ペグを緩めると弦の張りが弱くなり、音が低くなります。
下図のように、6弦→5弦→4弦→3弦→2弦→1弦の順番で音を合わせていきます。弦を交換したばかりの時は、チューニングが不安定になりますので、何度か6弦→・・・→1弦の順番でチューニングを繰り返すことで次第に安定してきます。

弦の音程

6 5 4 3 2 1
E A D G B E

チューニングにはいくつかの方法があります。

1.チューナーを使って
2.音叉を使って
3.ピアノやシンセのラ[A]に合わせて

チューナーを使ったチューニング方法

ギター用のチューナーは、マイクで拾った音(またはシールドでつないで鳴らした音)を測定し、正しい音程とのズレを測定するものです。正しい音程とギターの音のズレをメーターの針の振れ方で示すタイプと、ライトの点灯で示すタイプがあります。
BOSS ボス ギター/ベース用チューナー TU-12EX
写真は、BOSS(Roland社)のTU-12EXという機種です。メーター針が真ん中より右側に振れている場合は、ギターの音が目標の音程より高いことを示します。逆に真ん中より左側に振れている場合は、ギターの音が目標より低いということになります。

チューニングをする時は、音の低い状態から、正しい音程へ合わせるようにしましょう。つまり、チューナーを使う場合は、針が左に振れている状態から、真ん中になるところまでペグを締めていく感じです。そうすることで、弦が多少緩みにくくなり、狂いにくい状態にすることができます。

音叉(おんさ)を使ったチューニング方法

音叉とは、Uの字の部分を机の角等に軽く叩き付けて振動させ、A(ラ)の音を鳴らすことが出来るものです。ギターのボディに音叉の玉の部分を当てることでA(ラ)の音が共鳴します。

その音を聞きながら、同時に5弦の音を鳴らし、自分の耳で確かめながらペグを回してチューニングしていきます(ワゥンワゥンワゥン〜と、うねる音がだんだんなくなってきますので、うねりがなくなるポイントを探します)。5弦が合ったら、5弦からの相対音(4弦の解放を合わせる場合は5弦5フレットを押さえて弾いた音とうねりを合わせる)で他の弦も合わせていきます。

チューニングをする時は、音の低い状態から、正しい音程へ合わせるようにしましょう。

低い音からペグを締めていく感じです。そうすることで、弦が多少緩みにくくなり、狂いにくい状態にすることができます。

音叉でのチューニングは、自分の耳が頼りになりますので、初心者にはやや難しいかもしれません。しかし、自分の耳でチューニングするということは、音感を鍛えるのと同時に、音楽やギターの基本を理解することにもつながります。チューナーだけに頼らず、音叉のチューニング方法も身につけておきたいですね。

 

ピアノやシンセのラ[A]に合わせて

ピアノやシンセのラ[A]に合わせてチューニングする方法も、自分の耳が頼りになりますので、初心者にはやや難しいかもしれません。しかし、ビックバンドや大勢でセッションするときなどや、ピアノなど、調弦がなかなか効かないケースでは、管楽器や金管楽器が合わせるケースがほとんどだと思います。そのためにもチューナーだけに頼らず、ピアノやシンセのチューニング方法も身につけておきたいですね。

チューニングをする時は、音の低い状態から、正しい音程へ合わせるようにしましょう。また、低い音からペグを締めていくようにしましょう。そうすることで、弦が多少緩みにくくなり、狂いにくい状態にすることができます。

 

それにしても、ギターという楽器は、実はかなり不完全な楽器です。
ピアノは一度チューニング(調律)すれば、そうそう簡単に狂うことはありませんが、ギターの場合は、他の楽器と比べ、かなりチューニングが狂いやすいのです。ですので、できるだけこまめにチューニングする必要があります。

ブログランキングに参加していますので、
↓クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
 

 - ギター初心者, ギター雑学 , ,